大学受験だけでなく、その後就職のことまで視野にいれた場合にも無視することができない英語のコミュニケーション力について、向上方法をお伝えしていますが、今回は意識的な変更でコミュニケーション力が付きやすくなる方法をお伝えしていきます。

まずは、英語を話すときにはなるべくゆっくりと話すようにすることは、有効です。

英語に自信がない人はどうしても自分の英語に自信がなく、小さい声で早口になってしまう傾向があります。でも伝えたいという気持ちを明るく表現することが大事になりますので、ゆっくりと話、相手の目を見てしっかりと伝えることで、相手も何を言いたいのかしっかりと考えてくれるようになり、コミュニケーションがとりやすくなります。あとは、会話力をあげるためには、自分の声を録音するのも効果があります。ネイティブと電話している内容を録音しておいて、自分の英語が聞き取りやすいのか、相手にどんな風に聞こえているかを理解すると成長に繋がります。今は単語や熟語のCDDVD付きの教材もたくさん出ていますので、そういった教材を聞きながら自分も真似しながら、発音を近づけるように意識していきましょう。

今までいろいろと英語のコミュニケーション力を高める方法を伝授してきましたが、日本語が上手な外国人にどうやって日本語を勉強したのかを聞くと自分の好きなもので日本語を学んでいる人が多いように思います。好きな日本のシンガーの曲を毎日のように聞いていた。好きなグループのダンスを真似ていた。日本の漫画やアニメがすきなど、好きなものに自然に英語が入ってくるともっと英語を知りたくなり、知らぬまに英語を聞き分けられ、コミュニケーションが取れるようになっていくと思いますので、趣味と英語を紐づけるというのが一番の特効薬なのかもしれません。